歯が抜けた後の治療はどうされますか?

歯が無い場合の一般的な治療法としては、ブリッジや入れ歯といった治療法があります。

入れ歯は噛みごたえが悪い、すぐはずれる。取りはずしが出来るため、違和感がいつまでも続く嫌なものです。また、ブリッジでは両隣の健康な歯を削らなければなりませんね。
そういったデメリットを改善した治療法はないものでしょうか?

近年これらを改善する方法として、インプラント治療が増えています。
歯が抜けてしまったり、虫歯などが進行して歯を抜かなければならなくなってしまった時に人工の歯をつくる方法のひとつです。インプラントは歯の根っこの代わりになるインプラントという人工の歯根をあごの骨に埋め込んで土台を取り付け、セラミックなどでできた人工の歯をかぶせます。
入れ歯やブリッジと比較するといろいろなメリットがあります。

・しっかり噛める。

・他の歯を削らなくていい。

・審美性が高いなど。

自分の歯を取り戻したようだと言われる方もいますね。