今年の県内熊目撃359件 前年の3倍以上

 福島県警によると、今年に入ってから県警に寄せられた県内の熊の目撃情報は25日現在、369件(前年同期114件)で前年同期と比べて3倍以上に増えているそうです。熊に人が襲われたケースは昨年が3件(4人)で、昨年7月には西会津町で女性1人が熊に襲われ死亡している。
 
今朝のニュースで、26日朝、福島県喜多方市上三宮町の畑で、畑仕事をしていた農業の女性(82)がクマに襲われ、首や顔をかまれ死亡した。と、報道されました。
喜多方署によると、午前8時40分ごろ、女性が倒れていると119番があったということです。女性は午前6時ごろから1人で畑に出ていた。現場にはクマの足跡が多数残されていたようです。
 
近くで午前7時ごろ、体長約1メートルのクマが目撃されたということで、今年はクマの目撃情報が約30件あったそうです。
 
こんなに目撃情報が増えているのは、なぜなのでしょう?原因は「今年の気象」だけではないのでしょうね。
 突然目の前に現れたらと想像するだけでも怖いですよね。

コメントは受け付けていません。