インプラント手術後の注意点

近々インプラントの手術を受けられるという方もいらっしゃるでしょう。インプラント手術後に注意しなければいけない点がいくつかあります。

血行が促進されると、出血が止まりにくくなりますので、熱い風呂やサウナ激しい運動、飲酒は控えてください。シャワー程度ならかまいません。

食事はあまり噛まずに食べられる柔らかいものを摂り、固いものや刺激のあるものや油っこいものは避けましょう。麻酔が効いている間は感覚が鈍っていて、頬の内側を誤って噛みやすいので気をつけてください。口の中を刺激する恐れがあるので強くうがいをすることは避けてください。

個人差はありますが少し顔が腫れることがあります。腫れは2~3日でひいていきます。

また、血行が滞り傷口が治りづらくなるため、喫煙は控えてください。煙草を吸うと、手術は成功していても傷口の治りが悪くなってしまいます。通常は約2週間で傷口が塞がっていきます。この期間はできる限り煙草は我慢しましょう。

喫煙は歯を失う原因のひとつに挙げられます。喫煙を続けていると、歯肉が腫れ、埋入したインプラントの周りの骨が減少していき、治療したインプラントの寿命も縮めかねません。愛煙家の方にとっては難しいかもしれませんが、自分の歯だけでなく全身の健康を考え、インプラント治療を機会に禁煙されるようおすすめします。

コメントは受け付けていません。