インプラント手術後の注意点

近々インプラントの手術を受けられるという方もいらっしゃるでしょう。インプラント手術後に注意しなければいけない点がいくつかあります。

血行が促進されると、出血が止まりにくくなりますので、熱い風呂やサウナ激しい運動、飲酒は控えてください。シャワー程度ならかまいません。

食事はあまり噛まずに食べられる柔らかいものを摂り、固いものや刺激のあるものや油っこいものは避けましょう。麻酔が効いている間は感覚が鈍っていて、頬の内側を誤って噛みやすいので気をつけてください。口の中を刺激する恐れがあるので強くうがいをすることは避けてください。

個人差はありますが少し顔が腫れることがあります。腫れは2~3日でひいていきます。

また、血行が滞り傷口が治りづらくなるため、喫煙は控えてください。煙草を吸うと、手術は成功していても傷口の治りが悪くなってしまいます。通常は約2週間で傷口が塞がっていきます。この期間はできる限り煙草は我慢しましょう。

喫煙は歯を失う原因のひとつに挙げられます。喫煙を続けていると、歯肉が腫れ、埋入したインプラントの周りの骨が減少していき、治療したインプラントの寿命も縮めかねません。愛煙家の方にとっては難しいかもしれませんが、自分の歯だけでなく全身の健康を考え、インプラント治療を機会に禁煙されるようおすすめします。

アゴの動きをくわしく調べてみると

食生活において、歯は重要です。
歯周病や虫歯などで失ってしまい、入れ歯を使用している方は多いでしょう。

入れ歯は残っている歯がある場合には、自分の歯ににクラスプという金具を引っ掛けて装着します。クラスプを引っ掛ける歯が残っていない場合には総入れ歯となり、口の中の粘膜に吸着させます。

入れ歯は違和感がないかや食べ物を上手く噛めるかを尋ねながら、患者さんに合わせて歯科医師が固定具合や咬合状態を確認して調整しています。
しかし、使っている入れ歯の噛みにくさや話しにくさはなかなか言葉では説明できないものです。

そんな場面で今後役立ちそうな検査が新しく登場しました。入れ歯を付けることで咀嚼機能が向上したかどうかの検査です。
この検査は下顎の動きの分析して噛む働きを調べていきます。

前歯の辺りに発光する器具を取りつけ、ヘッドセットから繋がる検知装置で顎の動きを調べます。
口の中の左右どちらかで食べ物を噛むときの光の軌道を平均化し、画像表示させたうえで上手く噛めているかどうかを判定します。
入れ歯の咬み合わせが正常なら検査装置がとらえる軌道は楕円を描きますが、問題が生じていると八の字を描いたり楕円の一部がくずれたりします。

このような検査が普及するとこれまでは患者の主観的な説明で判断される面の多かった入れ歯の不具合が客観的に判断できるようになっていくでしょう。

インプラント治療を受ける前に

もしインプラント治療を受けようと思ったら、どんなことに注意すればいいのでしょうか。インプラントは一般的な治療になってきたとはいえ、患者さんはほとんどの方が初めての経験で、戸惑うこともいっぱいあるはずです。

まずは、きちんとカウンセリングをして詳しい説明をしてくれ、質問にも丁寧に答えてくれる歯科医院を選ぶことが大切です。カウンセリングの内容は専門的なことも多く含まれますので、説明を受ける時には筆記用具を忘れず持参して、内容を記録するのはもちろん、難しい用語などは遠慮せず質問するとよいでしょう。あらかじめ尋ねたいことがある場合はメモして行くと忘れることがなく、またお話もスムーズになります。いずれにしても、いちどにたくさんのことを聞くと覚えていられませんので、遠慮せずに記録することです。

患者さんによってはインプラントが適さない場合もあります。CTを使った診断結果の説明は受けましたか?インプラント治療の方法、必要な期間、必要な費用、さらにアフターケアについてもきちんと説明を受けましたか?

また、実際に手術を担当される医師がどんな先生なのかも確認しておきましょう。もし緊急のことがあった場合に対応してもらえるのか、どの医師が最終的に責任を持って診てくださるのか、医院のインプラント治療に対する姿勢みたいなものも調べておくと安心ですね。

はずした銀歯で子どもの支援を

「TOOTH FAIRY (トゥース・フェアリー 歯の妖精)」をご存じですか? 西洋では子どもの乳歯が抜けると、それを枕の下に入れます。すると歯の妖精がそれをコインに換えてくれると言い伝えられているのです。コインというところが現実的で面白いですね。日本では抜けた乳歯を投げますが、下の歯は「鬼の歯とかわれ!」と言いながら屋根の上に投げ、上の歯は「ネズミの歯とかわれ!」と言いながら床下に投げるなど、唱える言葉は地方によって違うようですが、よい永久歯がはえてくるためのおまじないとなっています。

さまざまな分野で支援活動を行っている「日本財団」では、「TOOTH FAIRY」という名前の活動で、外していらなくなった金歯や銀歯を送れば、それをお金に換えて子どもを助ける事業に寄付しています。お金は、アジアの少数民族の住む地域に学校を建設したり、小児がんや難病の子どもを支援する活動に使われます。この活動に参加している歯科医院には、目印のピンクのステッカーが貼られています。また、金歯・銀歯以外にも、タンスに眠っている貴金属なども送ることができます。使わなくなったものが役に立てば、うれしいですね。詳しくは→http://tooth-fairy.jp/

八重と会津博

現在放送中の平成25年NHK大河ドラマ「八重の桜」。会津若松市では、「ハンサムウーマン八重と会津博」の名前で、このドラマの放映に合わせたいろいろなイベントが企画されています。「大河ドラマ館」(平成26年1月14日まで)では、ドラマで実際に使った衣装やセットを見ることができます。なんと、射撃体験もできるそうですよ。観光客のために無料のガイドも用意されていて、「鶴ヶ城籠城戦の八重にふれるコース」(大河ドラマ館~鶴ヶ城三の丸)と「八重のルーツをめぐるコース」(鶴ヶ城休憩所~八重生誕の地)のふたつのコースがあります。(要予約)ほかにも八重にゆかりの観光スポットがたくさんあり、春のお出かけにぴったりですね。ドラマを見たり、八重のことを調べたりしてから行けば、ますます楽しめるのではないでしょうか。

八重は1932年に86歳で亡くなりましたが、とてもエネルギッシュな人生を送り、政府からの勲章ももらっています。これは、皇族ではない女性としては初めてだったそうです。年齢を重ねても元気で活動できることは、すばらしいですね。全身の健康を維持するためには、歯の健康が重要であると言われています。しっかり自分の歯で噛んで食べられることで栄養が補給されますし、意欲も湧きます。むし歯や歯周病に注意して、健康な歯を保ちたいものです。

高遠そば

会津の殿さまが信州高遠藩で育ち、寛永20年会津藩主となって以来、
大根おろしそばを高遠(たかとお)そばと言っているそうです。

三澤屋ではそれに長ネギを箸がわりに用い、薬味をかねてメニューに。  
高遠そば 1050円 

【「ねぎそばの”ねぎ”が最後に残ってもったいない」
「注文したけれど量が多すぎて残してしまった…」などの場合は、
当店スタッフへお申し出頂ければ、お持ち帰りが可能なお料理につきましてはお包みいたします。お気軽にお申し付け下さいませ】と。

ネギ一本食べ切りは       ・・・無理かな。

ものを噛む為に歯にかかる重力

せんべいは10キロ
フランスパンは30キロ
そういえばなんとなく解かります。
せんべい あれで10キロもかかってるの?
フランスパンは、かたいよね。30キロ。
歯ぎしりには60キロ~80キロ 驚きです。
本人は感じていませんが、そんなに強いと力だと歯が欠けたり折れたりしても不思議ではないですよね。歯ぎしりを簡単に考えたら駄目ですね。
歯がぐらぐらしたり、あごがはずれることもあると聞きます。
歯をすり合わすように鳴らすギシギシ これはむし歯のつめものが合わない事が原因だそうです。
次にガリガリと鳴らす方、ストレスが原因のようですね。
カチカチと鳴らすのは、ガリガリとギシギシの2つの原因が重なって出る音だとか。
歯の為にも治療を考えた方が良いかなぁ・・。

今年の県内熊目撃359件 前年の3倍以上

 福島県警によると、今年に入ってから県警に寄せられた県内の熊の目撃情報は25日現在、369件(前年同期114件)で前年同期と比べて3倍以上に増えているそうです。熊に人が襲われたケースは昨年が3件(4人)で、昨年7月には西会津町で女性1人が熊に襲われ死亡している。
 
今朝のニュースで、26日朝、福島県喜多方市上三宮町の畑で、畑仕事をしていた農業の女性(82)がクマに襲われ、首や顔をかまれ死亡した。と、報道されました。
喜多方署によると、午前8時40分ごろ、女性が倒れていると119番があったということです。女性は午前6時ごろから1人で畑に出ていた。現場にはクマの足跡が多数残されていたようです。
 
近くで午前7時ごろ、体長約1メートルのクマが目撃されたということで、今年はクマの目撃情報が約30件あったそうです。
 
こんなに目撃情報が増えているのは、なぜなのでしょう?原因は「今年の気象」だけではないのでしょうね。
 突然目の前に現れたらと想像するだけでも怖いですよね。

歯が抜けた後の治療はどうされますか?

歯が無い場合の一般的な治療法としては、ブリッジや入れ歯といった治療法があります。

入れ歯は噛みごたえが悪い、すぐはずれる。取りはずしが出来るため、違和感がいつまでも続く嫌なものです。また、ブリッジでは両隣の健康な歯を削らなければなりませんね。
そういったデメリットを改善した治療法はないものでしょうか?

近年これらを改善する方法として、インプラント治療が増えています。
歯が抜けてしまったり、虫歯などが進行して歯を抜かなければならなくなってしまった時に人工の歯をつくる方法のひとつです。インプラントは歯の根っこの代わりになるインプラントという人工の歯根をあごの骨に埋め込んで土台を取り付け、セラミックなどでできた人工の歯をかぶせます。
入れ歯やブリッジと比較するといろいろなメリットがあります。

・しっかり噛める。

・他の歯を削らなくていい。

・審美性が高いなど。

自分の歯を取り戻したようだと言われる方もいますね。